特殊洗浄(ARC工法/アーク工法)のご案内

特殊洗浄(ARC工法/アーク工法)とは

汚れに特化した洗浄液で浸透させ超微粒子で洗浄します。独自の活性機能の働きにより、汚れを吸い込むように吸着作用で、汚れを粒子が取り組み水だけでは剥がせない汚れを遊離させ、剥がします。一度、活性機能により剥がされた汚れは再び付着する力を失うため、水で洗い流すか拭きとった後は、きれいな状態が保たれます。また洗浄後に材質にあわせた保護剤を塗布する事により、美観の維持が出来ます。床面に関しては洗浄後にあわせて防滑処理が出来、安全対策が可能です。

特殊洗浄(ARC工法/アーク工法)の特長

幅広い汚れに効果的
皮脂の汚れのような、一般的な汚れから、重油、タール、グリース、カーボン、インク、ワックス、カビ、藻類など、広範な種類の汚れ落としに効果を発揮します。
人や環境にやさしい
活性機能により排水時は、バイオ分解するため配管を痛めたりすることなく、自然の状態に還元されます。 また、排水の水も、草木に害を与えたり痛めたりしないので安心して処理作業が行えます。また中和剤を必要としません。
確かな安全性
原材料が植物性で生分解性、水溶性、無研磨性、非引火性、無毒性、なので素手での作業も行えます。人体に無害で有害物質を含みません。 また水性なので溶剤の嫌な臭いもなく、施工時にも居住者に不快な臭気を感じさせません。
スチーム洗浄にも対応
洗浄剤の温度を上げる事により汚れへの反応速度が向上するので作業時間の短縮も可能です。
保護剤による美観維持
対象材質にあわせて保護剤を配合し、防カビ/防藻に撥水コートや木部防腐など用途にあわせて対応します。600種以上ものカビや細菌、藻類を防菌します。水や紫外線にも強く、5~7年効果が続きます
※施工環境により変動します。
防滑処理に対応
洗浄後に滑り止め対策として防滑処理が出来ます。床面の防滑処理の場合、下地洗浄の品質により密着性が左右されます。特殊洗浄と相性がよく防滑処理の密着性を高めます。

施工対象

・コンクリート ・タイル ・金属面 ・木材
・石材 ・塗装面 ・クロス ・塩ビ
・浴室 ・鏡、ガラス ・インターロック


用途:室内、屋外、外壁、床

・ビル、マンション ・-般住宅 ・病院施設
・ホテル ・食品工場 ・温泉施設
・店舗 ・公共エリア ・学校、公共機関


洗浄について

工事が簡素化
特殊洗浄剤を直接部位に吹き付け浸透させ、汚れの元を浮き出させて洗い落とすか簡易ブラッシング。

幅広い種類の汚れやカビに効果的
カビや藻類に加え、皮脂の汚れのような、一般的な汚れから、重油、タール、グリース、カーボン、インク、ワックスなど、広範な種類の汚れ落としに効果を発揮し、汚れが再付着をしにくい。

対象にあわせた用途別洗浄
ベース洗浄の他にエフロやサビ、染み込んだオイルジミ等、用途にあわせた10種類以上の専用洗浄剤で除去します。

高圧洗浄(屋外/床)
洗浄剤を浸透され、汚れの元を浮き出させて洗い落とす際は高圧洗浄を2回実施。1回目で除去出来ていない箇所や洗浄漏れの確認も含め2回実施。また高圧洗浄時は2つのパワーノズルを使用する事により、スピンジェット水流を発生させ、より効果的に汚れを除去します。

人や環境への配慮
排水時は、バイオ分解するため配管を痛めたりすることなく、自然の状態に還元されます。 また、排水の水も、草木に害を与えたり痛めたりしないので安心して処理作業が行えます。また中和剤等は必要ありません。

安全性が高い
ベース洗浄は植物性濃縮剤で生分解性、水溶性、無研磨性、非引火性、無毒性、なので素手での作業も行えます。そのため、作業中でも安心です。

保護コーティング

防カビ/防藻コーティング+
素材に浸透し、固着後は水に溶けたり蒸発したりしないので長期に渡り効果が持続します。また、酸やアルカリ、温度、紫外線などによって変質せず、安定した効果を発揮し、600種以上ものカビや細菌、藻類を防菌します。5~7年と長く効果が持続します。 ※環境によって変動します。
一般的な防カビ/防藻剤のような表面コートではなく、浸透し菌組織の阻害効果を与えるので菌が繁殖しにくく、耐性菌ができにくいという特性もあるのも特長です。
各種コート剤(保護コーティング剤)は特殊洗浄後に用途に合わせて施工すると耐用効果が上がり、用途にあわせて下記保護剤と配合して使用します。

+塗装コート材
水性アクリルを100%使用した内外装兼用トップコート材です。様々な下地に対応し、 耐久性・耐候性に優れていいます。洗浄後に塗装するタイプです。

+撥水コート剤
壁面に塗布すると、表面の細孔に浸み込み薄い保護膜を作ります。この保護膜が空気中の二酸化炭素と反応して溶解しない無機質の層を形成し、 壁面を大気中の化学物質から守り、強力な撥水性能を発揮します。

+木部保護剤
化学薬品を使った着色剤などと異なり、天然の素材のみを使って調合、毒性のある成分を含みません。 環境保全と安全性に対する認識が高まっている、現代のニーズに応える木部保護剤です。

施工事例

 

お気軽にお問い合わせください。03-6868-4055受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]

お問い合わせ お気軽にお問い合わせください。